主にねとげにっき(・ω・)跡地

アクセスカウンタ

zoom RSS [etc] Reflex USB v2を64bit Windows対応にしてみた

<<   作成日時 : 2009/11/03 18:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

100円で64bit対応ICカードリーダーがゲット可能に!





秋葉原のショップインバース(主にPC関連ジャンクを扱っているお店)で大量に販売されている
¥100のジャンクICカードリーダー「Reflex USB v2」

64bitのWindowsVista(Windows7)では上記カードリーダーはドライバが無いので利用できなかったんですが
ファームウェアを書き換えることで対応した機器に強引に変えることが出来ました

参考にしたのは下記サイト
ttp://nayuta.blogzine.jp/fundoshi/cat122808/index.html

Reflex USB v2自体を認識していないとファームウェアの書き換えが出来ないので
Windows XP 32bitなどが別途必要になってきます
(公式ドライバがXP 32bit版までしかないため)


詳しいやり方は
1.ttp://support.gemalto.com/?id=83 へ行きReflex USB v2のドライバをダウンロード
2.カードリーダーを接続して解凍した↑のドライバを指定してインストール


になっていれば認識成功

3.ttp://www.scmmicro.com/support/pc-security-support/downloads.html から「SCR331/SCR531 CCID USB」のXP 32bitを選択して
SCRx31CCID_fw5.25.zip
SCR3xxx_4.31_4.45.zip
の2つをダウンロード

4.NTTCommunicationからSCR331のドライバをダウンロード ttp://www.ntt.com/jpki/dl_files/SCR_109.exe
→そして5の前にドライバをインストール
(3.のファイルの中には足りないファイルがあるようなので、NTTのドライバファイルを利用)

5.SCRx31CCID_fw5.25のFwUpdate.exeを実行すると途中でSCR33xのドライバを求められるので
SCR3xxx_4.31_4.45のSCR3xxx_Drivers_Win2k_Win2003server_XP_Vista_Win7_V4.45フォルダを指定してインストール



こうなっていれば成功
ファームウェアの書き換えが成功しているので、64bitOSで使う場合は付け直してドライバインストールが要求されたときに
5のドライバフォルダを指定すればok
→VistaHomePremiumSP2 64bitで書き換えたものを接続してみたところ、Windows付属ドライバでUSBスマートカードリーダーとして認識されました
オリジナルのドライバではないですが、B-CASを利用出来たのを確認
→ここまで終わるとWindowsUpdateでSCR33xのドライバが出てくるので、インストールすると↑SSの32bitOSと同じ感じになります
(上手くいかない場合は4.のNTTのドライバを64bitOSにインスコするとWinUPのドライバが通るはず)


NTTComの正規品が2000ちょいで買えるから、まぁ長く使うならそっち買ったほうが良いですね
(こっちはジャンクなので)
PT2がこれから流通量増えていくと64bit対応リーダー需要も増えていきそうなので
品薄になる可能性も?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

[etc] Reflex USB v2を64bit Windows対応にしてみた 主にねとげにっき(・ω・)跡地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる